コンテンツ

高校卒業資格を東京都で取るには

高校卒業資格を東京都で取るには

言わずと知れた日本の首都東京都は、人も、モノも、そして多くの情報も集まるところ。
日本の経済を牽引する多くの企業の本社が東京にはありますが、学校も、日本トップと言える東京大学を筆頭に数多くの校舎が集まり、もちろん日本で最も学生が通っている都道府県でもあります。

そんな東京都にある専門学校は、数もそうですが、学べる学科・科目が本当に多種多様であることが大きな特徴です。
特に芸能関係の専門学校や専門学科は、東京都以外ではかなり限定されています。
やはり、何かを専門的に学びたいと思った時に、東京に行くというのは大きな選択肢の一つとなっているのです。

東京都で高校卒業の資格が取れる専門学校も、他の道府県とは比較にならない程多いです。
専門学校の高等課程廃止の流れは全国同様に東京都でもあるのですが、例えば平成26年4月から新たに高等課程を置く専門学校が開校するなど、その流れはとても緩やかなものとなっています。
まだまだ東京では専門学校で高卒資格を取る道が多く残されていて、平成26年4月現在では42校45科ほどの選択肢があります。

もちろん、定時制高校も東京都では桁違いに多く、単置で15校ほど、併置では44校ほどの学校が生徒を受け入れています。
また、通信制高校は、単置4校、併置9校などとなっていて、ほかに、東京をはじめ全国でキャンパスを展開している大手の通信制高校のキャンパスも都内に数多くあります。
正に“よりどりみどり”といった状況であると言えます。

一方で、東京都の高校中退率は平成24年度のデータとしては1.7パーセントであり、この年の全国平均1.5パーセントを上回っています。
多くの選択肢がある分、様々な生き方・学び方が選択でき、その代わりに、一旦高校に入ってみたものの他の道を模索するという学生も多いということが分かります。
結果として、全国の高校中退率の平均を押し上げてしまっているのもまた東京都の現状であると言えそうです。
そのためにも高卒認定試験を勉強して合格する事は肝心です。